読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Brighten the corners

夜間飛行のブログ

ブラウンバニー

  ヴィンセント・ギャロの「The Brown Bunny」を観た。

バッファロー66」と同じく、主演・脚本・編集などをギャロ自身がこなしている。

 

大切な人を失い、心に深い傷を負った男が描かれている。

その傷の深さ故、新たな出逢いにも自分から逃げ出してしまう。

自分がなぜ傷ついていのかさえ忘れて。

 

ギャロはその輝かしいキャリアとは裏腹に非常に弱く、脆い人間なのだと思う。

その繊細さが映像でも表現されている。

カメラワークやフィルムカメラ(おそらく)の映像は本当に美しく、音楽のセレクトも良い。

今の自分には大きく響いた映画だった。 

 

ブラウン・バニー [DVD]

ブラウン・バニー [DVD]